hcg-symposium2019

【新着情報】

  • 2020年9月18日 Word、TeXスタイルファイルを更新しました。
  • 2020年9月17日 チュートリアル講演の情報を追加しました。
  • 2020年9月16日 発表申込締切を9月25日に延長しました
  • 2020年9月14日 特集テーマセッションに「仮想非現実世界を利用した認知の拡張」を追加しました
  • 2020年8月14日 発表募集を公開しました。
  • 2020年8月12日 特集テーマセッションを公開しました。引き続き募集しております。
  • 2020年7月2日 開催案内を公開しました.

【HCGシンポジウム2020 開催のご案内】

電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)は,下記の通りHCGシンポジウム2020を開催します.

 

HCGシンポジウムは今年度で18回目を迎えます.シンポジウムの特徴として,工学分野に加え,ヒューマンコミュニケーションに関係が深い心理学,デザイン学,生理学の分野に精通する関係者も集め,活発な議論の場を提供しております.今回は,コロナ禍の収束が不確定な状況のため,初のオンラインでの開催となります.HCG(ヒューマンコミュニケーショングループ)らしいオンライン開催とすべく準備を進めてまいりますので,ご投稿,及びご参加を心よりお待ちしております.コロナ禍の影響で研究の進捗が例年より滞っている場合も,今後の方向性のディスカッションの場としてこのシンポジウムをご活用いただけると幸いです.

 

会場:オンライン

会期:2020年12月15日(火)〜  2020年12月17日(木)

発表申込開始: 8月13日

発表申込締切: 9月18日(金)9月25日(金)

発表原稿締切: 10月23日(金)

予稿集公知:12月11日(予定)

【副題】

共生社会をささえるヒューマンコミュニケーション

 

新しい時代を切り拓く時代は人間に多様性が求められます.職業,能力,個性,人種,価値観など,互いに異なる背景であっても認め合い共生することで社会や文化の発展に寄与することができます.また,Digital Twinの時代,新たな生活様式が求められる時代,ますますヒューマンコミュニケーションが重要です.コミュニケーション技術をどのように発展させ,使っていくかを一緒に考えましょう.

【企画】

  • 招待講演:高木 啓伸(日本アイ・ビー・エム株式会社東京基礎研究所)
    • 「アクセシブルなリアルワールドへの挑戦」(仮)
  • チュートリアル講演
    • Research through Designがもたらす知
    • 北崎 允子(武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 准教授)
  • 特集テーマセッション
    • 開催決定:ソーシャル・インタラクション,食メディア,ロケーション・インフォマティクス,視覚障害者支援と人間拡張,仮想非現実世界を利用した認知の拡張
  • 特別セッション

終了しました【企画募集】

特集テーマセッション(特定のトピックに関する研究発表(投稿)を集め,活発に議論を行うセッション)、特別セッション(パネルディスカッションなど、座長が自由にデザインするセッション)を企画されたい方がいらっしゃいましたら、下記の項目を記載して、8月末までに hcg-symposium[at]ieice.org までお送りください。

 

 

--- 特集テーマセッション企画項目 (以下を埋めてお寄せください) ---

セッションタイトル:

セッション概要:

オーガナイザー:

発表数見込み件数:

---------------------

 

 

--- 特別セッション企画項目 (以下を埋めてお寄せください) ---

セッションタイトル:

セッション概要:

座長:

 

---------------------

【懇親会】

会場:オンライン

日時:12月16日(水)夜

【主催】

【協賛】