研究会

各研究会の概要紹介と、各研究会のホームページへのリンクです。

【第1種研究会】

ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS)

人間のコミュニケーションの特性を理解し、それを支援するための通信技術にかかわる基礎的な研究を発表する場の提供を目的とした研究会です。より具体的には、従来の通信技術開発の視点だけからではなく、福祉を意識し、人間の感覚、知覚からはじまり、社会的コミュニケーションの研究を扱っている心理学や社会学、さらにはその他の分野を含めた学際的、総合的分野の研究発表、討論の場の提供を目指しております。

委員長 中野 有紀子

ヒューマン情報処理研究会 (HIP)

視覚,聴覚等の感覚情報処理,異種間各統合,顔認識,感性情報処理,眼球運動と知覚認知,ヒューマンインターフェース,VRシステム,人間情報システムなど人間の感覚情報処理に関わる基礎から応用までのテーマの研究成果の発表と討論を行います.心理学,理工学,生理学,医学など種々のバックグランドをもつ専門家の情報交換の場にもなってます.人間の情報処理機構の理解とその活用手法の発展を通して,情報通信技術の発展に寄与したいと考えています.

委員長 石井 雅博

メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 (MVE)

電子情報通信学会 は、電子情報通信技術の専門分野を幅広くカバーする、我が国有数の規模を誇る学会です。 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE研究会)は、その中の ヒューマンコミュニケーショングループ に属する第1種の研究会として、メディアエクスペリエンス、バーチャル環境に関連する研究成果発表と、専門家による意見交換の場を提供しています。各分野でご活躍中の皆様の、本研究会への積極的なご参加と活発なご討論を期待します。

委員長 亀田 能成

福祉情報工学研究会 (WIT)

当研究会は,高齢者や障害のある人たちの情報通信技術(ICT)に対するアクセシビリティ向上やICTを応用した福祉・リハビリ機器等の充実を目指して,それらの研究開発に携わる人たちの研究発表および人的交流のためのオープンな場の提供を主たる活動目的としています.そこでは,多くの学際分野(情報工学・福祉工学・認知科学・ヒューマンインタフェースなど)の研究開発者らが集い,障害当事者の人たちも情報保障やバリアフリーの環境のなかで積極的に参加しています.

委員長 布川 清彦

【第2種研究会】

発達障害支援研究会 (ADD)

発達障害支援研究会は,電子情報通信学会(IEICE)ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)に属する研究会です.発達障害児(者)の早期発見と適切な発達支援方法の確立を目指して,医療,療育,教育など診断や発達支援をしたりしている現場,および,認知科学,神経科学,言語学,福祉情報工学,コミュニケーション科学,教育学,ヒューマンインタフェースなど学際的な境界領域での研究者とを融合した学術的発表と相互議論・交流の場を提供することを目的としています.

委員長 縄手 雅彦

ヒューマンプローブ研究会 (HPB)

センサ技術の発達により,人が容易に携帯,装着できるサイズのセンサデバイスが登場し,様々な研究開発が行われています.本研究会では,それらの研究領域をHuman Probe(人間による計測)と名づけ,人が持ち歩くセンサ類をベースとして,位置測位や無線通信技術など様々な技術を組み合わせたデバイスの研究開発や新たな方法論,データ処理技術,実社会への適用などについて,分野横断的に議論を行っております.

委員長 伊藤 昌穀

食メディア研究会 (CEA)

食メディア研究会(前身:料理メディア研究会)では、「献立を作る」、「料理を作る」、「食べる」といった、料理や食にまつわる人間の活動を対象とした研究を中心に、研究発表や国際ワークショップ、招待講演、合宿等を企画しています。企業・行政からも講演者を招き、専門委員による工学的な視点だけでなく幅広い観点から「食」について調査と議論を重ねることで、情報メディア技術を用いた食生活の支援を目指しています。

委員長 井手 一郎

情報の認知と行動研究会 (ICB)

情報の認知や意思決定といった認知科学の歴史は古いが、近年の脳機能および生体情報計測技術の進歩により、実験装置や環境による束縛を低減し、日常の環境により近い条件においての計測が可能になってきている。本委員会では、そのような最新の計測技術を利用し、情報の認知から行動に至る機構を脳科学に基づき科学的に解明することを目的とする。その上で、得られた成果を医療福祉領域に活用するのみにとどまらず、日常生活の中で提示される様々な情報から適切な行動をとるための仕組みを考察し、適切で効果的な情報提示のあり方、しくみを考える。

委員長 柏岡 秀紀

魅力工学研究会 (AC)

準備中

委員長 山崎 俊彦

【第3種研究会】

ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会 (VNV)

人間-コンピュータ間もしくは人間同士のコミュニケーションの円滑化技術の開発、およびコミュニケーション・モデルの構築を目指す学際的な研究会で、特に「コミュニケーションにおける言語情報と非言語情報の効果的な統合の解明」という問題意識の共有といった形での議論を進めています。

委員長 大塚 和弘

リアルタイムコミュニケーション言語研究会 (LARC)

手話の言語的、また認識や生成などの工学的な側面から広く聴覚障碍者の支援の側面に加え、体性感覚系を使うマルチモーダルコミュニケーション的側面を研究対象とします。研究者相互の啓発と連携を目指し、新たなネットワークを構築しながら研究を推進する予定です。

委員長 長嶋 祐二