hcg-symposium2019

HCGシンポジウム2019


HCGシンポジウム2019は,参加者数202名の盛会となりました.発表された方,参加された方,運営にご協力いただいた方に感謝いたします.

 

次回のHCGシンポジウム2020は香川県のサンポートホール高松(開催日2020/12/15(火)-2020/12/17(木))の予定です.何卒よろしくお願いいたします.

 

HCGシンポジウム2019の開催のご案内に“HCGシンポジウムは今年度で15回目“と記載されていますが,HCGシンポジウムに改名(2003年度)されてから17回目が正しいです.お詫び申し上げます

【新着情報】

 

  • 2019年12月10日 インタラクティブ発表が数件キャンセルされました.最新情報はWeb上のプログラムをご確認ください.
  • 2019年12月9日   インタラクティブ発表の配置図,コアタイムの割り当てについては発表の手引きをご確認ください.
  • 2019年11月20日 発表の手引きを公開しました
  • 2019年11月3日 プログラムを公開しました.
  • 2019年10月21日 原稿締切を10月28日23:59 まで延長しました.
  • 2019年10月7日 参加登録を開始しました.
  • 2019年9月17日 発表申込締切を延長しました.
  • 2019年9月6日 情報保障についてはこちらをご覧ください
  • 2019年8月29日 発表募集を開始しました.
  • 2019年7月1日 開催案内を公開しました.

【HCGシンポジウム2019 開催のご案内】

 

電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)は,下記の通りHCGシンポジウム2019を開催します.

 

HCGシンポジウムは今年度で15回目を迎えます.シンポジウムの特徴として,工学分野に加え,ヒューマンコミュニケーションに関係が深い心理学,デザイン学,生理学の分野に精通する関係者も集め,活発な議論の場を提供しております.さらに,このシンポジウムの大きな特徴は,すべての口頭発表者がインタラクティブセッション(ポスタ・デモ)でも発表できることです.時間の限られた口頭発表では参加者と十分な議論ができません.そこで別の時間帯のインタラクティブセッション(ポスタ・デモ)会場に,すべての口頭発表者のブースを用意します.装置などを持ち込んだデモも可能です.奮ってご投稿,ご参加ください.

 

会場:広島県情報プラザ(広島市中区)会場HP

会期:2019年12月11日(水)〜  2019年12月13日(金)

発表申込要領: 発表募集のページをご覧ください

発表申込締切: 9月24日23:59(火)  延長しました 9月17日23:59(火)

発表原稿締切: 10月28日23:59 延長しました  10月21日23:59(月)

プログラム公開(タイトルのみ):10月26日(予定)

予稿集公知:12月4日(HPと予稿集に掲載予定)

【副題】

時空を超えて思いを伝えるコミュニケーション技術 

 

今回の開催地である広島は,核の経験をふまえ,それを二度と繰り返さない平和な世界を実現するというメッセージを全世界,未来に向けて発信しています.この副題には,そのようなメッセージを伝えるため,コミュニケーション技術をどのように発展させ,使っていくか考えることが必要だ,という意味が込められています.

【招待】

【懇親会会場】

会場:ヒロシマコンベンションホール (懇親会会場HP)

日時:12月12日20時〜

最寄駅:広島駅 

【主催】

【協賛】

特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

一般社団法人 映像情報メディア学会

公益社団法人 計測自動制御学会

一般社団法人 情報処理学会

日本バーチャルリアリティ学会

日本音響学会

日本顔学会

日本認知科学会

日本認知心理学会